国産材へのこだわり
 
人に優しい木
木は生き物にやさしい、健康素材。
1986年に静岡大学農学部で、木製、金属製、コンクリート製の箱のうち、どれが生き物にやさしいかを調べる実験が行われました。それぞれの素材でできた箱にネズミの親子を飼育し、23日間調べました。その結果子ネズミの生存率が、一番高かったのが木製の飼育箱で85.1%、それに対し、金属製の飼育箱では41.0%、コンクリート製の飼育箱にいたってはわずか6.9%にとどまりました。「木」の家は生き物にとってやさしい環境なのです。
2100℃の火
ここまで高温に耐える木は火災にも強い。
一般的なイメージでは、「木」より鉄の方が火に強いと思われがちです。確かに木材が燃えやすいというのは事実です。しかし、ある程度の厚みを持つ木材の場合、表面が燃えると焦げて、火の進行をくい止める炭化層となります。この炭化層が進行をくい止め、木材の内部まで火を通さないので、強度はほとんど変わりません。鉄が550℃で強度を落とし変形するのに対し、構造材(スーパーJドライ檜)はなんと摂氏2100℃を超える炎で15分以上燃やしても、火が全体に燃え広がることはないという実験結果があります。
鉄の350倍
断熱性能の差は歴然。住宅の素材として抜群。

現在の住宅は快適性だけでなく、限られた資源を大切にするために、高い断熱性が求められています。冬は冷たい空気を室内に伝えない、夏は室内の冷やした空気を外の逃がさないという、住宅にとっての不可欠な性能を支えているのが素材自体の断熱性能となります。これは熱伝導率で表されます。

グラフでもわかる通り、この熱伝導率の数値は少ないほど高性能です。木材はなんと鉄の約350倍、コンクリートの約10倍の断熱性能があります。冬でも「木」に触れると暖かい感じがするのは、この断熱性が優れている証拠。「木」の温もりは、イメージだけでなく、科学的な数字でも立証されています。

鉄の4倍
実は、木はコンクリートや鉄より強い素材。

住宅は、構造が木材、鉄筋コンクリート造に関わらず、素材を大量に使います。この素材が重ければ重いほど住宅に負担がかかります。これに地震や台風などの外力が加わると、その負担はさらに増加、そう考えると、住宅に使われる素材は軽くて強いほど優れていると言えます。

木材の比重は約0.3〜0.8、鉄7.8やコンクリート2.3に比べると極めて軽い素材です。この比重に対しての強度を調べると、引張比強度は鉄の約3倍、コンクリートの約10倍の強度です。つまり、一般に強いと思われている鉄やコンクリートより、「木」の方が強い素材と言えます。

約15%
水分が少ないほど、木は頑丈になります。
木造建物の耐久性を向上させるためには、使用する木材に含まれる水分の量を抑えることが必要となります。当社のスーパーJドライ檜はすべて、含水率が約15%の完全乾燥材です。もともと丈夫な木材を乾燥させることによって、より硬くより丈夫にしているのです。乾燥材を使用することで建築中に木材が雨に濡れても心配はありません。表面についた水滴も中まで浸透することが少なく、すぐに乾燥してしまいます。
エンゼルの商品

エンゼルの構造
夢の木材スーパーJドライ檜

東大との共同研究
木材強度実験
スーパーJドライ檜
含水率15%へのこだわり
檜へのこだわり
2つの特許
含水率約15%を実現させた
究極の国産ムク材
耐震への7つのこだわり

スーパーカゴ石工法
スーパーエポキシ樹脂加工鉄筋工法
スーパーストロングパッキン工法
スーパー千年檜土台工法
スーパー千年梁組工法
スーパー4層剛床工法
スーパーパワーウッド工法
耐震強度実験
国産材へのこだわり

木のはなし
スーパーJドライ檜
国産材循環プロジェクト
国産材流通革命
日本山林育成協会
国産材へのこだわり

「外断熱の家」
夏の快適空間の仕組みとその効果
冬の快適空間の仕組みとその効果
ミラーパネル工法

エンゼルの施行&管理

エンゼルの提案
 スーパーJドライ
 耐震7つのこだわり
 国産材へのこだわり
 制震装置
 吹きつけ泡断熱
 施工前・施工中・施工後
パーフェクトチェックシステム

 充実の標準装備
 現場見学会のご案内
 アフターメンテナンス
 エンゼルの洋館
 エンゼルの和風モダン
 エンゼルの純和風
 エンゼルのプロヴァンス
 エンゼルの都市型モダン
 エンゼルの3階建て
 家作りのポイント
 お客様の声
 お客様の実例集
 60年保証システム
 

Copyright c 2010 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.Angel house.