スーパー千年梁組工法
 
耐震性向上には重要な部分の梁組部分にエンゼルハウスでは国産唐松を使用。さらに50cmで床組を入れ、建物全体の耐震性をあげています。当社の梁組工法は他社のおよそ2倍の材木を使用した頑強仕様、また大梁と大梁の間に入る継ぎ材は50cmピッチに入り両面大釘打ち、かつネダボンドを塗布し、施行します。これにより全方向対応の歪まない梁組を実現し、さらには2階部分のねじれ剛性力を大幅にアップすることにより、建物全体を確実に支えます。のちの床鳴りなどの事を考慮した細心の気配り施行となっております。
 
一般的な梁組
間隔が広く、強度が不安。将来的に床のたわみ、床鳴の恐れがある。

 
 スーパーJドライ
 耐震7つのこだわり
 国産材へのこだわり
 制震装置
 吹きつけ泡断熱
 施工前・施工中・施工後
パーフェクトチェックシステム

 充実の標準装備
 現場見学会のご案内
 アフターメンテナンス
 エンゼルの洋館
 エンゼルの和風モダン
 エンゼルの純和風
 エンゼルのプロヴァンス
 エンゼルの都市型モダン
 エンゼルの3階建て
 家作りのポイント
 お客様の声
 お客様の実例集
 60年保証システム
 

Copyright c 2010 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.Angel house.