2つの発明特許を持つスーパーJドライ完全乾燥機
 
日本の建物には、国産の木材を使うのが理想的です。それは、頻発する台風や地震に耐え、安心して住むことのできる家を実現できるのが国産の木材だけだからです。だから、「スーパーJドライ完全乾燥機」で含水率約15%を実現した「スーパーJドライ檜」は、日本の家造りにまさにぴったりの木材なのです。この「スーパーJドライ檜」を、エンゼルハウスが独自に開発した「耐震7つのこだわり提案」と組み合わせることによって、さらに完璧な家造りを実現することができるのです。
■ 木材の乾燥方法及び装置での特許
■ 木材の熱処理乾燥方法での特許
木の精度は「乾燥」で決まる
木は乾燥しないと、反ったり収縮したり、ねじれたりする原因となり、建てた建築物が歪み、耐久性も失われます。私たちは、日本でも数台しかない「超スーパー高品質乾燥材製造システム」により安定した状態で乾燥することを可能としました。
左の写真がスーパーJドライ完全乾燥機です。この機械を使い高温圧締熱処理乾燥方式というこれまでにない乾燥方式です。従来の木材の芯部まで均一に乾燥できなかったものが芯部までの含水率を均一に約15%まで落とすのに成功し、しかも木の変形を起こさせないというメリットを持つものです。

●スーパーJドライ檜  

エンゼルのスーパーJドライ檜は
究極の乾燥技術で含水率が均等になります。
木材乾燥で一番重要なポイントは、表面部と内部の材温をどれだけ均一に上昇させるか。これが最大のポイントであり、一番難しい部分です。スーパーJドライ檜の乾燥熱源の『過熱蒸気』は繊維の中の浸透性が非常に良いため、表面部と内部温度差を限界までなくし、温度を均等に上昇させることが可能です。そのため、一般的な乾燥材は高温乾燥機にありがちな、内部割れや外部割れを限りなく抑制し、含水率のバラつきの少ないハイクオリティな無垢材を生み出すまったく新しい木材乾燥技術です

●一般的な乾燥材  

一般的な乾燥材の含水率は
バラツキがあります。
一般的な高温乾燥機では、乾燥初期に表面部分のみが急激に乾燥され、内層部(特に芯部分)との温度差が大きく、さらに表面部分の乾燥が進むにつれ体積のアンバランスがおこり、最悪の場合、繊維崩壊(内部割れ)が起こる可能性が大きい。さらに、材内部の含水率がバラバラなため、激しい収縮が起こりやすく、建築後、構造部材および内部仕上げに悪影響を及ぼしかねません。

水分傾斜の少ない高品質な木材乾燥を実現。

■ 木の精度は「乾燥」で決まる
木は乾燥しないと、反ったり収縮したり、ねじれたりする原因となり、建てた後、建物が歪み、耐久性も失われます。わたしたちは特別な乾燥機を使用することにより、従来の乾燥材よりさらに狂いや反りが生じにくく、背割れを必要としない究極の木材スーパーJドライ檜を手にしました。

■ 含水率とは
木の中に含まれる水分のことです。通常、何もしないままの木の含水率は、高い物だと200%を超えると言われています。乾燥させることにより、20〜25%程度(一般の乾燥材と呼ばれる木材)になります。完全乾燥材スーパーJドライ檜は含水率平均15%を実現致しました。

■ 日本でも数台しかない超スーパー高品位乾燥材製造システム
飽和沸点に達する温度まで十分に加熱し、材に圧力をかけ安定した状態を維持しながら乾燥させます。

 スーパーJドライ
 耐震7つのこだわり
 国産材へのこだわり
 制震装置
 吹きつけ泡断熱
 施工前・施工中・施工後
パーフェクトチェックシステム

 充実の標準装備
 現場見学会のご案内
 アフターメンテナンス
 エンゼルの洋館
 エンゼルの和風モダン
 エンゼルの純和風
 エンゼルのプロヴァンス
 エンゼルの都市型モダン
 エンゼルの3階建て
 家作りのポイント
 お客様の声
 お客様の実例集
 60年保証システム
 

Copyright c 2010 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.Angel house.