エンゼルハウス 安心というエンゼルが住まう家づくり。ご意見・お問い合わせ
エンゼルの構造エンゼルの施行&管理エンゼルの商品エンゼルの提案

エンゼルの構造
家づくりのチェックポイント
地震力
地震力は、住宅に横方向の負担をかける。
地震エネルギーは建物に水平方向の力を加えます。これを地震力と言い、一般に建物重量の20%が地震力として働くと言います。木の家は鐵やコンクリートに比べて軽い素材なので、この地震力も小さくなります。この軽くて丈夫な木を面構造にして、ハコのような家にすることでさらに地震に強い住宅が実現するのです。1987年に建設省(現国土交通省)等によって行われた3階建て実物大構造実験では、一般の木造住宅に規定されている設計加重の2.3倍もの力に耐えることが証明されました。

また、同様に直下型の地震における縦方向の力にも耐えることができます。
スーパー耐震工法6面体
壁・床・天井それぞれが優れた強度を持っています。
耐震エンゼル7つのこだわり工法と従来軸組構造との大きな違いは、面構造にあります。従来軸組み工法では柱や梁によって建物を支えるのに対し、耐震エンゼル7つのこだわり工法では優れた強度のスーパーJドライ檜による枠組みと構造用面材を一体化させたスーパー耐震工法で壁・床・天井の6面を構成して、地震などの外力に強い構造になっています。
スーパーストロング梁受け金物
一般住宅には使われていない耐震金物をもった住宅。
一般の住宅では使われていない耐震金物ですが、エンゼルハウスでは地震の際、大梁の仕口に大きな力が加わることを考慮し、「スーパーストロング梁受け金物」を使用しています。大梁同士の仕口をより強固に緊結し、はずれたり、破壊するのを避け2階床組の倒壊防止に効果を発揮します。
台風
ハリケーンにも耐えるほどの強度をもった住宅。
アメリカ大陸で猛威を振るうハリケーンに耐える「ラフターバンド」と呼ばれる金物を使用し、屋根垂木を壁構造に一本一本しっかりと固定しています。これによって屋根の吹上げを防いでいます。一般に住宅に被害が出ると言われている風が風速70mですが、このラフターバンドは、風速90m以上でもびくともしません。
250%
一般在来軸組工法に比べて多くの木材を使用。
軽くて丈夫な木材を使用した住宅は、その木材の量によって強度が決まります。耐震エンゼル7つのこだわり工法と、在来軸組工法の木材使用量の差は建築現場をご覧いただければ一目瞭然です。在来軸組工法では坪当たり0.40〜0.45立方メートルの木材を使用しているのに対し、耐震エンゼル7つのこだわり工法では、坪当たり1.40〜1.575立方メートルの木材使用量で約250%も多く使用しています。また、構造用の釘も床面積120平方メートルの場合で約5万本(約180kg)も使われており、一般木造住宅の約4倍もの量で、釘の規格や間隔なども細かく決められており、優れた強度を持っています。また、接続部をさらに補強するため各種金物を使用しています。この金物も在来軸組工法と比べると、はるかに強度のあるものを使用しています。
ねじれに強い
ねじれ剛性を高めることで建物全体の耐震性を向上。
阪神・淡路大震災では壁量が十分でも崩壊した建物が多数あり、壁量は耐震性の重要な要素ですが、さらに大切なことがあります。建物には、重心(重さの中心)と剛心(建物全体の強さの中心)があります。地震が起こると地震力は建物の重心に作用し、建物は剛心を中心に観点してねじれを起こします。そのため壁量が十分でも、ねじれにより、建物が変形したり倒壊するおそれがあるのです。そこで建物の剛心から遠い位置、即ち建物のコーナー部を強固にすることにより、ねじれ剛性を高め、建物全体の耐震性を向上させます。

エンゼルの商品

エンゼルの構造

エンゼルの施行&管理

エンゼルの提案
家づくりのチェックポイント

資金計画
家造りの流れ
エンゼルの家造り
お客様の声

お客様の声
お客様の家 実例集

実例集
30年保証システム

60年保証システム
エンゼルハウス加盟店募集中| 会社案内 | 資料請求 | 採用情報 | プライバシーポリシー |
Copyright(c)2003-2006 Angel House All Rights Reserved.